Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

「入会を呼びかけます」

入会を呼びかけます

虹

みんなの力で平和を!

はじめに、東日本大震災の復興と福島原発事故の1日も早い解決を心から祈念します。「アジア平和文化交流の会・韓国」をはじめ、海外からの友人たちの励ましのメッセージに感謝しています。原子力発電の危険性が現実化した今、この政策事業が「平和」を脅かす大きな要因であることを改めて認識しています。

21世紀もはや、最初の10年を終えました。
平和の世紀と期待された21世紀ですが、世界の各地で戦争や紛争は繰りかえされ、人々の苦しみは絶えることがありません。国連の平和政策も、一部強国の思惑に振り回される事態が繰返されています。かつての日本の侵略と植民地支配に対する謝罪と補償は、その終結直後にきっぱりと清算されなければならなかったはずですが、65年を経た今も、被害を受けたアジアや太平洋地域の人々から真の納得の得られる方法はとられていません。
この様な現実の一方、自覚ある人々によって、新しい平和な未来を切り拓いてゆこうという動きも盛んです。例えば韓国では、日本による「強制併合」(植民地化)という屈辱を受けた100年の節目の昨年、過去を直視し未来のために連帯しようという幾つもの催しが行われ、運動が提起されました。またフィリピンでは、NGOの手でアジア・太平洋地域の女性のフォーラムが開催され、日本女性被爆者の訴えや日本軍「慰安婦」問題の取組みの報告は大きな反響を呼びました。スリランカでは、侵略戦争と植民地支配への日本政府と国民の真摯な反省の証であり、平和建設に向けての国際社会への誓約のはずの『日本国憲法』を改定するという動きは許せないと、「スリランカ・9条の会」が結成されました。「9条の会」は韓国にも結成され、この動きに賛同する声は、中国・べトナム・ニュージーランド・オーストラリアなどからも寄せられています。
このような中で、「アジア平和文化交流の会・韓国」が、昨年の11月27日に発足しました。「日本の併合100年」を機に、この負の遺産を未来を拓く幸の遺産に転換しようと、韓国の学者・文化人・市民の皆さんが旗揚げした組織です。韓国とアジア各国の人々との相互交流・理解の機会を生み出し、芸能・文化の紹介を通じて平和を前にすすめ、二度とアジアで日本の侵略のような悲惨な歴史を繰り返さないことをめざす会です。この動きは中国にも伝わり、おなじような目的をめざす会を今年中に立ち上げようと動き出しています。
 侵略国であった日本にも、平和をめざし活動する多くの皆さんがいます。「韓国の会」の発足式に参加した東京や大阪の人たちの間でも、日本でも同じような会を発足させたいという話が進んでいます。私たちはまず名古屋で、「アジア太平洋・平和文化フォーラム」を発足させたいと願い、下記のように呼びかけます。
<目的>
*「平和」を願う人びとが集い、互いの理解を深め合うことが、「平和の礎」との考え
 のもと、国内の人びとと、かって日本の侵略の地であったアジア太平洋の人びととの
 様々な交流をすすめます・・・例;国内各地の人々との平和交流、平和史跡めぐり、
 写真展や平和シンポジウム(環境、原発問題などを含む)、海外への平和交流の旅、
 日本の音楽家や芸能団と海外交流公演、また海外の音楽家や芸能団との交流上演会、
 等など。
*人びとの幸せと自由を奪う戦争の悲劇を繰り返さず、再び加害者となることを許し
 ません。
*この目的に賛同する個人や団体のだれもが、入会することができます。
<運営> 
*会員は対等平等、会の世話役と事務局を互選し、民主的な運営をします。
*会の運営を円滑に進めるため、個人的利益のための会内活動や分派活動、特定の人々
 の考えによる会の引き廻しは、これを認めません。
*会企画の行事に参加された方は、その時から会員とします。但し、本人の申出があっ
 た場合、この扱いを取消します。
*ホームページ;[ap-peace.com/] 中心の活動とし、連絡と情報通信はこのWEB.を利
 用します。必要に応じてFAX.通信を併用します。
*年間の行事予定は世話役会で提案設定をします。行事の実施は実行委員会方式とし、
 行事ごとに実行委員を募集しそのスタッフで催行します。
*また、会員の希望で様々な行事の企画案が提唱できます。特に世話役会で異論がなけ
 れば、会の行事として催行します。実地は提案者を中心に募った実行委員会で行いま
 す。
*会関連の全ての行事を、ホームページに掲載します。実地された行事の費用総額の数
 パーセントを掲載会費として会に上納します。上納金は会の運営費にあてます。

「会」の結成にあたり、あなたの入会を呼びかけます。

2011年7月

<呼びかけ人>              (敬称略・50音順/2011年6月25日現在)
青木仁子、天野鎮雄、池住義憲、石川賢作、石川久、石川勇吉、伊藤康子、岩田和憲、
上村年広、うのていを、江間幸雄、太田義郎、小川春水、鍵谷恒夫、金澤克彦、
刈谷雅子、金光石、栗木英章、小出隆司、小林武、阪本貞一、佐藤貴美子、澤田昭二、
塩沢哲彌、清水則雄、新城正男、大東仁、谷川修、田中美智子、田中義二、田辺凖也、
谷川修、寺本康美、土井敏彦、富田偉津男、冨田好弘、鳥居達生、長峯信彦、西本伸、
西山譲、長谷川一裕、長谷川金重、畑田重夫、浜盛重則、早川静泰、原山恵子、
比嘉俊太郎、菱川玲子、藤村記一郎、藤本博、堀田さちこ、水野磯子、森賢一、
八木憲一郎、矢崎正一、山田昌、吉田豊、若尾隆子

ホームぺージ:
http://ap-peace.com
http://www.asia-peace.com/board/index.html?pcno=17
E-mail: asia-pacific@mbr.nifty.com

入会を希望される方は
①「コンタクト」フォーム(←クリック)を利用:[内容]欄に「入会申込」の趣旨と住所を記
 入されてご送信下さい。
②FAX通信の利用を希望される方→「入会申込」の趣旨と [ お名前・FAX.番号・
 住所 ] をご記入されご送信下さい。
 送信先:(FAX.)052-803-7410

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional