Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

2013.3.10⇒

news_main4 映画「フタバから遠く離れて」

全国上映中!
監督 舟橋淳、プロデューサー 橋本佳子、撮影 舟橋淳・山崎裕、音楽 鈴木治行、
テーマ音楽[for futaba] 坂本龍一、出演 双葉町・双葉郡のみなさま
HomePage:http://nuclearnation.jp/jp/

<Introduction>
 2011年3月12日、双葉町民は1号機の水素爆発を耳にし『死の灰』を被った。町は全面立入禁止の警戒区域となり、1400人が250㎞離れた埼玉県の高校へ避難。地域社会丸ごと移転したこの高校は、まさに現代のノアの方舟と化した…
 双葉町長井戸川克隆は、財政破綻した町を救うため7・8号機を誘致した原発推進派だった。しかし、町民が被爆に遭い、事故が長期化するにつれ、その信念が変化してゆく。
 建築作業員・中井祐一さんは津波により家を流され、母を失った。農地全てを流された父とともに避難所暮らしを続けながら、震災翌日に予定された救助活動がベント・水素爆発により中止となったことを悔やんでいる。原発事故により助からなかった命は少なくない、そう訴えつつ、次の人生を模索してゆく。避難から3ヶ月後初めて一時帰宅が許され、無人地帯となった故郷へ帰還する彼が見たものとは…?
原発により1960年代以降経済的繁栄が約束されてきた場所・双葉町。町民は、いまだ奪われた家・土地・財産の補償を受けずに、5年以上とも言われる避難生活を続けている。
 高校の教室に畳を敷き、10~20人で寝食を共にする共同生活。毎日のお弁当で命をつなぐも、肝心の原発事故は収束したのかどうか定かではない。時間が経つにつれ東北の復興が加速してきても、取り残されていく避難所の日々。
 先進国日本の片隅で忘れ去られて行く人々。先の見えない待つだけの避難所の時間をカメラは9ヶ月にわたり記録した。日本の原子力政策の成れの果てがここに凝縮されている。

<Comments>
坂本龍一(音楽家)
双葉の人たちに感情移入して何度か泣いた。日本の原子力政策を変えたい。
想田和弘(映画監督)
8月に日本に帰って感じたのは、今や日本人は放射能問題にも原発問題にもうんざりで、早く忘れたがっているという雰囲気だ。放射能の話題が会話に上ることが驚くくらい激減している。それは人間としては当然の心理だが、埼玉の避難所にはまだ200名の双葉町民が暮らしていることを忘れてはならない。舩橋淳監督の『フタバから遠く離れて』は凄い映画だった。別に舩橋くんが旧友だから言うのではない。正直、ビックリした。普通は撮れないシーンの目白押しだった。やはり現代文明の矛盾があの避難所に凝縮していたのだろう。それを彼は嗅ぎつけしっかりカメラで捉えた。あっぱれです。ちなみに、舩橋くんはこれまで劇映画を主に作ってきたけど、佐藤真氏を師とし、岩波のワイズマン本ではワイズマンにロング・インタビューをしている。NYの製作会社では、僕と机を並べてドキュメンタリー番組を作っていた。4つ年下なので後輩といえば後輩だけど、良き友である。町ごと避難するはめになった双葉町民にとっても、事態は決して単純ではない。被害者であると同時に、原発を誘致し職場としてきた側面もある。それは双葉町民以外の私たち日本国民の複雑さとも重なる。その単純には割り切れない現実を舩橋くんはとらえていた。勧善懲悪や告発モノとしてではなく。
マエキタミヤコ(サステナ代表)
電気を使う国民必見。千年、二千年、福島から、双葉から、目をそらさないことを誓おう。これが原発のリアルだ。
吉田涙子(文化放送アナウンサー)
映画「フタバから遠く離れて」、涙が止まらなかったし思いがこみ上げ過ぎて監督にご挨拶すらできなかった。福島原発事故で旧騎西高校に避難した双葉町民を追いかけたドキュメンタリー。まだまだ全然、収束なんかしてないよ。
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)
ふつふつと怒りがこみ上げてきます。これだけの悲劇を起こしながら、誰も責任を取らずに済むとはいったいどういうことなのでしょうか?多くの人に見てほしいと願います。
水野誠一( Think the Earth 理事長・元西武百貨店社長)
今日は、映画「フタバから遠く離れて」の試写会に・・原発事故後、双葉町から街ごと集団避難した町民を定点観測した舩橋淳監督の作品。10月に劇場上映もあるが、原発立地での自主上映会を希望している。他人事とは思えない各地で観てほしい!佳作。
木内みどり(女優)
「フタバから遠く離れて」を見てきました。 大事故が起こって悲惨な事が次から次へと。 地震と津波は天災ですが、原発事故は防げた事故、人災です。 舩橋淳監督が被災者の方々に寄り添った長い時間の記録。 音楽は坂本龍一さん。 脱原発抗議、わたしなりにできることをジリジリ頑張ろうと力づけられました。
松林要樹(映画監督)
わたしは批評家としては結構辛辣な部類に入るのですが、
編集のリズムが気持ちよく、いい印象をもちました。
それにしてもすごく、拙作と取材している映像が似ていて。
避難所だったり、一時帰宅だったり。
黒字の白抜きのインターテロップも。
同じ時期に同じ浜通りを撮影するとこうなるものかと。
構成とカメラマンの違いが映画として全く違う印象を残しましたね。
町長の自責の念が全体を通して、ストレートな好感を持つ印象でした。
フナハシさんが今後、双葉をとり続けていくなら
安心してわたしも南相馬をとり続けようと思いました。
藤田和芳(大地を守る会)※Twitterからの転載
映画「フタバから遠く離れて」を観た。あの日、福島県・双葉町民は1号機の水素爆発を耳にし「死の灰」を被った。町民1400人は250km離れた埼玉県の旧騎西高校へ集団で避難。まさに、現代のノアの方舟のような避難生活を描くドキュメンタリー映画。日本の原子力政策のなれの果てを見た。原発を誘致しているすべての立地自治体の人々に観てもらいたい映画だ。どんなに経済的利益をもたらされても、ひとたび原発事故が起これば、東電からも国からも見捨てられようとする双葉町の人々。監督は、舩橋淳。エンディングテーマの作曲・演奏は坂本龍一。
古賀太(日大芸術学部教授)
10月13日に公開される船橋淳監督のドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』を見た。震災や原発のドキュメンタリーはほとんど見ていないが、見に行ったのは音楽を担当した鈴木治行氏が20数年前からの友人だからだ。これが予想以上に心を動かされた。
「フタバ」とは福島県双葉町のことで、地震後に町全体が警戒地区となり、1423人が埼玉県の高校の旧校舎に住み始める。映画はその人たちの4月から半年あまりを捉えたものだ。
「定点観測」とも言えるが、まずこの映画が単調でないのは、双葉の街が時おり挟まれるからだ。最初は町長が見せるアルバムをめくりながら、そして中盤には一時帰宅に同行する形で。
震災前の桜の美しい写真とは対照的に、焼野原のようになった海岸。全く無人だけに恐ろしい。遠くから見ると、普通の街並みのように見えて、近づくと誰もおらず、薄気味悪い民家の並び。あちこち墓石が倒れた墓場、あるいは警告を無視して牧場を続ける男。「原子力、豊かな社会とまちづくり」という看板。
高校の中での生活にしても、立ち入り禁止の双葉町にしても、映画は昼間だけではなく、夜や早朝の光景も捉える。こうこうと明かりのつく夜の高校は不気味だ。あるいは早朝の強い日差し。
いくつかの場面が特に記憶に残る。かつて原発推進派だった町長は言う。「結局、原発誘致は失敗だった。我々は放射能まみれで生きてきた。しかし全くまみれていない東京の人々が栄えた」。デイケアに行った老いた妻が、書道を習って帰って来る。それを夫に見せると「故郷」という文字が何枚も何枚も出てくる。双葉で牧場を続ける男が案内してくれた付近の牧場の牛たちの死骸。誰かが携帯で撮ったものだろう、冒頭の天皇皇后の訪問シーンにも泣いてしまった。
一つの対象をしっかりと凝視しているうちに、いつの間にか向こうから感動的な映像が訪れたような、そんな感じのする労作だ。この映画は現在も撮影中というから、続編が楽しみだ。友人の鈴木さんのピアノと尺八の音楽も良かった。
この映画を見たのは昨日だが、その夜に広島の「黒い雨」をめぐる「NHKスペシャル」を見た。残留放射線の被害を隠そうとしたアメリカ政府とそれを支持した日本政府の対応が、今頃になって明かされている事実に暗澹たる気分になった。やはり原爆と原発は、日米関係を通じてつながっている。
鴻上尚史(劇作家)※Twitterからの転載
ドキュメント映画「フタバから遠く離れて」を見る。何度も涙が流れる。福島原発そばの双葉町の美しい自然の描写と、忘れられていく人々・街の対比が迫る。地域社会丸ごとの移転という前代未聞の記録。ぜひ、多くの人に。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional