Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

2013.6.06⇒

「中日和平友好条約締結35周年」・
「中国民間アジア平和文化交流会」発足一周年記念
フォーラム

【日時】 2013年9月29日(土)14:00~20:00
 第一部 「パネル・ディスカッション」
 第二部 「晩餐会と交流の夕べ」
【場所】中国・南京市内
【名称】「中日平和友好条約締結35周年」・「中国民間アジア平和文化交流会」発足一
 周年記念フォーラム~『正しい歴史認識は 未来を創る出発点!』~民間交流をとおし
 て アジアの平和な未来を切り開く
【参加者】
 中国:「中国民間アジア平和文化交流会」関係者ほか
 日本:「アジア太平洋・平和文化フォーラム」の方、及び開催趣旨に賛同される方々
 韓国: 「アジア平和文化交流の会・韓国」の方、及び開催趣旨に賛同される方々
【開催趣旨・目的】
 「中日平和友好条約締結35周年」・「中国民間アジア平和文化交流会」発足一周年に
 あたり、次のことを目的とする;
 1)今一度、過去を直視して歴史を正しく認識する
 2)民間交流を通して友好と信頼を深める
 3)新たな平和な未来を切り拓く出発点に
【プログラム】
 第一部
 パネル・ディスカッション
 『正しい歴史認識は 未来を創る出発点!』~民間交流をとおして アジアの平和な未
 来を切り開く~
 1)開会スピーチ(中国民間アジア平和文化交流会)
 2)日本、韓国、中国からの発言
 (通訳時間入れて一人30分、事前に翻訳済のレジメ資料の準備を予定)
 3)各国での取り組み/活動報告・紹介
 (各国より1~2名、通訳時間入れて一人10分)
 4)今後へ向けてのまとめ
 *期待される発言内容:
 日本の皆さん(侵略国側の国民として);
 1、今年4月の閣僚や与党国会議員の靖国神社大量参拝に、急速化した安倍政権によ
 る平和憲法改悪の動き、依然として変わらない河村たかし名古屋市長の”慰安婦”問
 題否定と南京大虐殺否定発言などについて、最近の日本の実態。
 2、こうした中での市民による様々な取組みと運動について。
 3、今後の取組と提言・提案など。
 中国と韓国の皆さん(侵略された国側の国民として、現在の日中及び日韓関係を焦点
 にして);
 1、政府と社会の情況と動き、
 2、そうした中での市民グループの取組み、
 3、今後への希望と提言・提案など。
                 
                    <事務局>
                     呉先斌、湯福啓、曹陽、王建清
                     Tel.86-25-8311-6075、8311-6076
                     Fax.86-25-5285-6633
                     E-Mail:cy@youhaotravel.com

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional