Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

2015.7.22⇒

Love9条

「北東アジア平和共存フォーラム」が開催されます

韓国の東アジア平和研究所の主幹で『北東アジア平和共存フォーラム』が、8月22日、江原道春川・翰林大学で開催されます。
副題は「光復70周年、南北平和統一を模索する」。
このフォーラムを開催する目的の概要;
◎2015年は光復 70年を迎える意味深い年である。
◎最近、日本平和憲法9条の改訂議論、韓中領土紛争、歴史認識の問題など、北東アジア
 地域で葛藤が続いている。
◎日本平和憲法9条は、北東アジアでの軍事対決を避ける平和のための鍵として作動して
 来たが、改憲の動きで、帝国主義の復活と北東アジアでの軍事的摩擦が懸念される。
◎北東アジアの平和と共存を願って‘北東アジア平和共存フォーラム’を開催し、日本憲法
 9条の理念を守り、民間主導で北東アジア平和共同体を構成し、南北平和統一の早期実
 現をめざす。
◎本フォーラムは北東アジア懸案問題を提起するが、政治的意図ではない民間主導レベル
 での平和的解決策を研究し模索するものです。
◎朝鮮半島の中心に位置する江原道は、唯一南北分断された地域で、韓流の発信地である
 春川市が主体となって、新しい北東アジアの平和韓流発信の地として位置づけたい。
◎今後、定期的なフォーラムの開催だけでなく、『韓・中・日の平和の祈念塔建立』、
 『日本平和憲法ノーベル平和賞授与を推進アピール』、『北東アジア平和共同体づくり
 運動』など多様な民間参加型平和運動のイベント展開を通じ、世界的平和都市のイメー
 ジを強調し、安保を願う観光客の誘致など、平和事業のメッカをめざす。 
本フォーラムのプログラム:
8月21日(金) 18:00 歓迎晩餐会
8月22日(土) 10:00 開会
  10:20 開会式、平和の時」朗読、経過報告、3000人署名手渡し式
  11:30 基調講演「北東アジアの平和共存のために」ハン・ワンサン前教育副総理
  12:10 講演「日本憲法9条の歴史的意義」小森陽一九条の会事務局長
  13:30 昼食
  14:10 講演「北東アジア領土紛争と平和協力構想」金京一北京大学教授
  14:50 講演「日本憲法9条が南北平和協力に及ぶ影響」グオン・チョルヒョン前駐日大使
  16:30 パネル・ディスカッション
      ユン・ゼソン 東アジア平和研究所所長/座長、王星宇 中国人民大学教授、
      五十嵐敬喜 法政大学教授、高橋順二「憲法九条にノーベル平和賞を」実行
      委員会共同代表、ジンザンチュル 国立江原大学教授、キン・ゼハン 翰林大学教授、
      ザン・ヨンソク ソウル大学平和統一研究所
  17:30 実践議案提案と決議
  17:40 閉会
8月23日(日) 09:00 東アジア平和研究所主催の平和ツアー:南北分断現場とDMZ、エチオ
         ピア韓国戦参戦記念館。

アジア平和交流会⇒の項もご参照ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional